アメリカ東海岸発 国際結婚奮闘記〜リーラの日記〜 日本とアメリカの違い
リーラ★
http://rjskss.blog.fc2.com/
World Wide Weblog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
シャムロックシェイク
2013-02-15 Fri 20:24
シャムロックって何?って思われた方は多いはず、


私は一年前まで知らなかった。


Wikipediaによると
アイルランド語でクローバーの意味のseamairまたは、
若い牧草を意味するseamrógを、似た発音で読めるように英語で綴った語である。
アイルランドで432年ごろに聖パトリックは
『シャムロックの葉が3つに分かれているのは「三位一体」を表しているのだ』と説明し、
キリスト教の布教に利用した。
アイルランドの聖人となった聖パトリックの命日である3月17日は聖パトリックの日 と呼ばれ、
シャムロックを胸に飾るか、緑色のものを身に付けて祝う






そう、3月17日が近づくと




私の周りのアメリカ人の楽しみは




以外に









マックの期間限定シェーク Lサイズ 4ドルくらい





シャムロックと同じ色の緑のシェークで

みんなこの時期が近づくとシャムロックシェークを買いに

マックは行列が出来るほど忙しくなる。



味はミント味で色はエメラルドグリーン




去年とった写真はこれ


写真(2012-03-19 16.02)




問題の味はなかなか美味しい。


程よく甘いミルクの味とほのかなミントが爽やかで癖になる。


しかも日本のマックとシェークの味違うけど、


アメリカのシェークも美味しい。


「日本でも発売すれば良いのに」と思ってしまう。





スポンサーサイト

別窓 | 日本とアメリカの違い | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
日本で高くてアメリカで安い物
2013-02-12 Tue 10:56
アメリカ旅行で大切なお友達や、


家族のお土産は日本未発売とか、


日本では高いけど、アメリカでちょっと安いものはきっと喜ばれるはず。


私が知っている範囲で記事にしたいと思います。



日本のデパートにあるメイクアップのブランドの

クリニークは


半額くらいでアメリカのモールやメイシーズ(Maycy's)でゲットできます。
images-1_20120320152828.jpeg


日本ではもう撤退したプロ御用達のメイクアップフォーエバーは
大抵のモールの中にあるセフォラ(日本ではかなり前に撤退した。)で売ってます。

images-4_20120320152953.jpeg


シャネル、ディオール、マックはモールに化粧品カウンターで売ってます。

値段は円高のおかげで日本よりかはちょっと安いが


シャネルとディオールはフランス産の為そんなに値段変わらない。


シャネルはアイシャドウ50ドルくらいでチークも50ドルくらいだった。



(アメリカ産じゃ無いけど、シャネルの無敵アイライナー30ドルくらいは自分へお土産におすすめ。)


日本は7千円くらいしたっけ?旅行でゲットであれば

インポート物は免税店が一番安いかもしれない。


プロ仕様のOPIとかのネイルアイテムは(日本で2千円くらい?)


アメリカのスーパーで8ドルくらいで売っているからありがたい。

ブランド物は


コーチ、マーコジェイコブス、マイケルコースはアメリカで買うとお得!


コーチは日本未発売商品が多くて結構丈夫なつくりだから、

シンプルなバックや財布はお土産に喜ばれすはず。

大体日本の半額でゲットできます。

参考までに〜

おわり



別窓 | 日本とアメリカの違い | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
オレンジ色のさつまいも
2013-02-11 Mon 10:22
images_20120320135428.jpeg
(参考写真グーグルから拝借)

さつまいも?の中身がオレンジ?


これは私が体験した痛い思い出


日本では紫芋や蜜の様に甘い鹿児島産の芋や紅東?など色々あって

どれも美味しくて女性は芋好きが多いと勝手に思ている管理人


アメリカに移住しても芋好きは健在。



芋が恋しくなり血眼になりながら必死に芋を探す自分。



『芋何処だー?』



ちょっと高めのスーパーへ


色々品揃えが良くから探しに行ってみると、


『ヤム』って書いてある芋とか


種類や皮の色々あってよくわからず、

とりあえず日本のさつまいもに似ている芋をチョイス。




何も疑わずスウィートポテトを作ろうとして

大きめのスライスで中身を蒸かす為に切った


『中身が綺麗なオレンジ?』

しかもかなり固くて危うく人差し指を切り落とす所だった。




悪戦苦闘しながら切っていると










さっき切ったさつまいもから


白い汁がゆっくりにじみ出て来た。



(大汗)



後で義母にアメリカのさつまいもに付いて聞いたら、


中身はオレンジが普通との事。


味は筋が多くて不味かった悲しいおまけ付き。


アメリカでさつまいも買う場合は


アジア系のスパーで日本のさつまいもゲットしよう♪



別窓 | 日本とアメリカの違い | コメント:1 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
アメリカのベーコン
2013-02-09 Sat 10:09
カリカリベーコンも好きだけど、

適度に柔らかいベーコンが恋しい管理人。

ホームシック全開で食べ物ネタで行こうかな?!


ってことで、


今日は日本とアメリカの違いについて語ろうと思います。

日本のスーパーでは薄切り肉とか綺麗にスライスされた肉が真空加工や、

発泡スチロールのトレイに綺麗にパックされている事が多い。


アメリカのスーパーいった事ある人はご存知のとうり


ドドーンとトレイに大きい肉の塊が乗っている。


細切り肉も薄切り肉もない。


しかも鶏肉は皮がほとんど取られて売られている。

『ファット10%』などとパッツケージにかいてあるのを見かける。


アメリカのベーコンは生肉に近いしかもカリカリになるまで

焼く前の半分くらいの大きさになるまで沢山油が出るから油無しで

ほぼフライしている?って位に焼くアメリカのベーコン


日本のベーコンであればちょっと早めに焼いて


その後に火の通り安い野菜を一緒に炒めたり簡単に調理できるはず、

しかし、アメリカのベーコンはベーコン単品でまず調理しないと

油ギトギトでフライパも焦げてしまうため、

ベーコンは別のフライパンで調理しないという手間がある。

味はカリカリしていて美味しいが手間がかかるため

我家ではあまり出てこない人気はあるがレアなメニューだ。



これがアメリカのベーコン
(グーグン検索で写真拝借)



じゃーん

食材


生々しくてにゅるにゅるしてて、

扱いがちょっと気持ち悪いと思ったのは私だけ?


別窓 | 日本とアメリカの違い | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| アメリカ東海岸発 国際結婚奮闘記〜リーラの日記〜 |
copyright © 2006 アメリカ東海岸発 国際結婚奮闘記〜リーラの日記〜 all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。