アメリカ東海岸発 国際結婚奮闘記〜リーラの日記〜 アメリカのベーコン
リーラ★
http://rjskss.blog.fc2.com/
World Wide Weblog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
アメリカのベーコン
2013-02-09 Sat 10:09
カリカリベーコンも好きだけど、

適度に柔らかいベーコンが恋しい管理人。

ホームシック全開で食べ物ネタで行こうかな?!


ってことで、


今日は日本とアメリカの違いについて語ろうと思います。

日本のスーパーでは薄切り肉とか綺麗にスライスされた肉が真空加工や、

発泡スチロールのトレイに綺麗にパックされている事が多い。


アメリカのスーパーいった事ある人はご存知のとうり


ドドーンとトレイに大きい肉の塊が乗っている。


細切り肉も薄切り肉もない。


しかも鶏肉は皮がほとんど取られて売られている。

『ファット10%』などとパッツケージにかいてあるのを見かける。


アメリカのベーコンは生肉に近いしかもカリカリになるまで

焼く前の半分くらいの大きさになるまで沢山油が出るから油無しで

ほぼフライしている?って位に焼くアメリカのベーコン


日本のベーコンであればちょっと早めに焼いて


その後に火の通り安い野菜を一緒に炒めたり簡単に調理できるはず、

しかし、アメリカのベーコンはベーコン単品でまず調理しないと

油ギトギトでフライパも焦げてしまうため、

ベーコンは別のフライパンで調理しないという手間がある。

味はカリカリしていて美味しいが手間がかかるため

我家ではあまり出てこない人気はあるがレアなメニューだ。



これがアメリカのベーコン
(グーグン検索で写真拝借)



じゃーん

食材


生々しくてにゅるにゅるしてて、

扱いがちょっと気持ち悪いと思ったのは私だけ?

関連記事
スポンサーサイト

別窓 | 日本とアメリカの違い | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<「ありがとうみんな〜」って言いたくなった。 | アメリカ東海岸発 国際結婚奮闘記〜リーラの日記〜 | ウロコインコ>>
この記事のコメント:
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
∧top | under∨
| アメリカ東海岸発 国際結婚奮闘記〜リーラの日記〜 |
copyright © 2006 アメリカ東海岸発 国際結婚奮闘記〜リーラの日記〜 all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。