アメリカ東海岸発 国際結婚奮闘記〜リーラの日記〜 「ありがとうみんな〜」って言いたくなった。
リーラ★
http://rjskss.blog.fc2.com/
World Wide Weblog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
「ありがとうみんな〜」って言いたくなった。
2013-02-09 Sat 16:18
バイトに家事にごくたま〜に奮発夫のピープと外食の毎日


外は雪が毎日降らなくても雪が常に降っていて


せっかくの休みの日も友達もあまり居ないし、


とゆうかお互いまだ免許持ってなくて

主婦友に気軽に会いたくてもえないのが正確なところ。


「何も無くて暇〜。電車のある便利な所に帰りたい。」


と心でつぶやいても何も始まる訳ではないけど、


現状が変わるはずはないから


とりあえず言ってすっきりしたい。


これは女子同士だから何となくお互いに言ってすっきりできる

ストレス解決法だと思う。



母国で暮らして、家族が身近に居る夫のピープには


細かい私の寂しさとか想像できても多分分からないと思うし、


「言ってもどうにもならないことを言われても」


って焦られても悪いから、あまり日本寂しい系の愚痴や


『こんなクソ田舎もういや〜』とか言わないようにしている。


私は今まで以上に一時は仕事で疲れてたり忙しくて連絡がおろそか

になっていた友達ともフルタイムで今は働いてないせいか

昔より頻繁に連絡を取り始めた。


みんな1年や2年ぶり中にはいつ最後に会ったか覚えてないくらいの

学生時代の友達と連絡を少数だけど取るようになった。

みんな昔と変わらず選りすぐりの私の大切な友達だけあって


本当に良い人ばかりでみんなに頼りっきりだ。




母国を離れるとまだ一年半くらいなのに親のありがたみとか


日本に居る時も友達の大切さが頭では分かってたけど、


今すごく身にしみる。みんなに会って

ちょっと恥ずかしいけど、

「本当に友達で居てくれてありがとう」

言い回りたいくらいだ。





この前死ぬ前に食べたい食べ物ナンバーワンの


あの大好きなヨックモックのシガークッキーを送ってくれた


幼稚園、小、中学校の幼なじみには地元に居ながら国際結婚で


結構苦労しているから色々な決断のアドバイスを貰って

修羅場を乗り越えられた。


スカイプも日本時間は早朝なのにオールして色々親身になってくれた。

今思い出すだけで

今度は嬉しくて泣ける。



他にも高校、専門学生時代の数人の友達は


今でも昔と変わらず結構毒舌を言い合い共感したり、


たまには反論してみたり


一緒になって考えてくれるありがたい友達と


メールやスカプの連絡が唯一と言っていいくらい




私の心の支え


みんなありがとう。


すべてを置いて不安もあって渡米したけど、

私は友達や家族には恵まれてるなって思った。



ああ、私かなりホームシックだ。


でも、気ままにココで頑張る。







関連記事
スポンサーサイト

別窓 | アメリカの日常 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<ペレット | アメリカ東海岸発 国際結婚奮闘記〜リーラの日記〜 | アメリカのベーコン>>
この記事のコメント:
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
∧top | under∨
| アメリカ東海岸発 国際結婚奮闘記〜リーラの日記〜 |
copyright © 2006 アメリカ東海岸発 国際結婚奮闘記〜リーラの日記〜 all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。